TOP

風俗を経験した人達の話

アニメオタクの僕歓喜!

趣味アニメというオタク人生を歩んできた僕は、現実の女性に相手をされるはずもなく、また自身も三次元に興味のない生活を送ってきた。このまま女性の温もりを知らずに死を覚悟していたけれど、コスプレサービスのデリヘルがあることを知り、これは僕のために存在しているのだと確信を持った。そこでデリヘルについて色々調べ、たくさんの店のサイトをサーフィンした。それでC店のAちゃん(22歳)を見つけた。彼女は滅茶苦茶低身長で、色白の幼い幼い嬢、しかもアニメ趣味らしく僕でも安心して頼むことができた。ラブホテルの部屋にAちゃんを迎え入れ、早速シャワーを浴び、人生初のフェラチオを味わった。にゅるにゅると舌が動きまわり、僕はこれが現実か疑わしい気持ちになった。そして極めつけは、ローション素股。にゅるんにゅるんとお互いの性器の擦り合いに、僕はほんの数十分しか持たず、彼女の柔らかい太股に大量射精した。今までこんなに射精したことはなかった。もう二次元には戻れないかもしれない、と僕は思った。


葉の風俗を見ていると…

千葉の風俗を見ていると非常に店舗が多いなと感じます。というのも風俗でウェブ検索をしてもデリヘル店が出てこないからです。千葉に限らず様々な都道府県で同じような状況があると思いますが、これらは単純に店舗の住所をもつファッションヘルスが多いということなのです。風俗のウェブ検索にはデリヘルは出てこないということはありません。しかし、明らかに表示されにくく不利な状況ですので、店舗型風俗店の数だけ露出機会が少ないということなのです。都道府県名で絞り込んでいる分、非常に競合性が高いということはだけでも分かる通り、本来はその地域全ての風俗店が該当する可能性があるわけですからね。そんな状況で如何にデリヘル店が目立つことができるのかというところが重要です。しかし、限界も存在しています。風俗街が存在してしまっている地域ではいくら頑張っても店舗型風俗を無視することはできず、街の規模感の分だけ競合店が存在することになってしまいます。つまり、全国どちらの地域であっても、デリヘル店が風俗の検索でで目立とうとすることは土俵が違うといわざるを得ないのです。ソープランドやホテヘル、ピンサロやイメクラが風俗(ファッションヘルス)店であってデリヘルはあくまでも『デリヘル』という扱いなのです。もちろん決定的な違いとしては、住所をしっかりと表記しているか否かという部分ではあります。後は、地域が広すぎる都道府県が不利といえます。北海道・宮城・福島といった面積の広い地域は想像以上に風俗店が多く存在してしまうものなのです。それらを見越してお店のテーマを打ち出して集客向上を計らなければ、そもそも労力の無駄となり機械損失は大きいといえるでしょう。


私を置いて一人で感じる女性

昨日遊んだデリ嬢は凄かったですね。自宅に来てもらったのですが、何がすごいって、とにかく感じ方がすごいのです。まず感じている時の声ですが、声量が半端ありません。アパートに呼んだので何度も声の大きさを注意していたのですが、それでもすごい大きい声を出すのです。また、最初演技かとも思ったのですが、濡れ方も半端じゃありませんでした。まだ序盤の時にあそこを確認したら、相当濡れていて、私の布団のシーツにもすごい濡れていました。私の攻撃に感じてくれるのは嬉しかったので、口を抑えながらどんどん攻撃していくと、より一層感じて濡れてきて、もう布団は大変なことになっていました。ここまで感じるデリヘル嬢もすごいなと思いながら、今度は彼女にサービスをしてもらいました。しかし、とことんエロい彼女は、私の股間をサービスしている最中も、自分で自分のあそこをいじって感じていたのです。徐々に私へのサービスも疎かになり、一人で感じ始めました。ただの痴女でしたね。